法人印鑑として揃えたい印鑑は?

会社設立にあたり必要な印鑑は、印鑑通販では法人印鑑として販売されています。こちらでは、実際に、会社をはじめる際にはどのような印鑑が必要なのか、揃えておけば安心なのかをご紹介します。


法人印鑑は会社設立の際に、法人名義の銀行口座つまり法人口座を開設するために定款の写し、登記簿謄本の写し、代表者の身分証明書などと一緒に必要となる印鑑の事で、基本的には会社実印の事を言います。
でも、会社をはじめる時には実印だけですべて済ます事はありまえん。ビジネスを行う上でも会社実印だけでは、何かと不便なので、使い方や用途によって印鑑を使い分ける事になります。最低限、会社をはじめる際に揃えておきたい印鑑としては、会社実印、銀行印、会社角印、ゴム印といったところになります。
印鑑通販各社を見てみると代表印と銀行印、角印の3本セットで得られているものが一般的なようです。インターネット通販でも購入可能で、値段の安いものであれば、およそ2万円程度から取り揃えているところが多いようです。加えて、請求書や領主書に捺印する社名入りのゴム印を買い揃えておくと便利です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ