実際、一番売れている人気の印鑑素材は何なのか?

inzai-uresuji.jpg

【1】一番人気はコスパ優れる黒水牛

印鑑屋さんの営業担当の方にお話を聞いてみると、実際に、一番売れているのは、やはり定番とも言えるだけあって「黒水牛印鑑」とのことでした。

黒水牛印鑑が人気がある理由は、やはりコストパフォーマンスの優秀さ。続いて「柘植」「象牙」あたりが、人気があり売れ筋印鑑になっているとのことです。

【2】チタン印鑑が人気急上昇中

また、最近では「チタン印鑑」も、売上を伸ばしてきているとのことです。チタンは印材の中でもっとも優れた「耐久性」があり注目の印材です。

チタンは、その特性上、水や油にも強いので、朱肉がついたままでも変質せず長持ちします。印鑑と言えば、朱肉を使うのは当然なので、この「お手入れのしやすさ」は嬉しいところです。

また、チタンは金属なので、万が一、火災に見舞われても焼けてしまうことがありません。黒水牛、柘植、象牙などではこうはいきません。安心を買うという観点からいえば、チタン印鑑は、決して高い買い物ではないでしょう。

【3】アクリル素材はお薦めしない

逆に、実印や銀行印として、あまりお薦めできないのがアクリル系印鑑。アクリル製の印鑑は、お値段もお手頃で、色数豊富。デザイン性には優れることから、女性を中心に人気があります。

しかし、アクリルは、所詮プラスチック製と変わりません。熱には弱くゆがみやすいことから、印影の正確さが必要な実印や銀行印には向かない印鑑です。実印や銀行印に使うなら、アクリル系はやめておきましょう。

【4】適正価格かどうか必ずチェック

印鑑は、価格が安いから、見た目が綺麗だとか可愛いだとかという理由だけで選ぶのはやめた方がいいです。もちろん、色や質感などは好みの問題もあるかと思います。

でも、粗悪品を買って後悔するのはあなたです。適当に選ばずに、しっかりした素材のものを選ぶ事をおすすめします。

最後に、印鑑購入で一番大切な事は、何より信頼できるお店で購入することです。安心できる素材を、市場価格に沿った適正価格で販売しているお店を選びましょう。

  • サブコンテンツ

    このページの先頭へ