印鑑作成の相場価格は?実印を安い費用で作ると失敗する理由

印鑑の販売価格とひと口に言っても、実は多くの料金がその中に含まれていることがわかります。

印鑑作成に必要な費用は何があるの?

印鑑作成に必要な費用としては、主に次の3つが考えられます。

材料費

印鑑の購入金額は選ぶ材料によって変化します。使う素材(印材)が決まると購入金額が決まるので予算に応じたお店選びをする事が出来ます。

彫刻代

ネット通販の場合、印鑑の彫刻代は販売代金に含まれています。販売金額に職人さんの手数料も含まれると言う事は、あまり安さにこだわったお店選びは粗悪品をを購入してしまう危険があると言う事です。

送料

印鑑ネット通販の場合、購入金額が5,000円以上になると送料無料なるお店がほとんどです。柘植や彩樺など安い印鑑を購入する場合、印鑑ケースなどを一緒に購入して調整すると良いでしょう。

目に見えない費用

例えば、購入前に印影(捺印したときのイメージ)を確認できるサービス、
万が一のときの彫り直しや10年保証に関わるアフターケアのための料金などがこれにあたります。

これらのサービスの充実度が販売金額に見合っているかどうか判断するのがお店選びの際は大切です。

例えばはんこdeハンコハンコヤドットコムでしたら印影プレビューが無料で10年保証対応の用意もあるので顧客満足度の高いサービス充実型のお店と言えます。

一方、ハンコの東洋堂などは年中無休で土日祝でも毎日出荷できる納品スピードが売りなので、スピード重視型のお店と言えます。

一生モノの印鑑を探すなら、付加価値の高いサービスと保証のあるサービス重視のお店、大至急で明日にでもハンコが必要なら納期を最優先にしたお店といった具合に賢くお店を使い分けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ