女性用の実印を作るときの印鑑の名前はどうしてますか?

女性が実印を作るときに一番多い悩みは、やはり未婚の方が結婚した後に苗字が旦那さんの姓に変わったときにどうするかという問題ではないでしょうか?こちらでは印鑑証明をする際の気になる点をまとめてみたいと思います。


女性の場合、実印を作る際には3つのやり方が考えられます。ひとつはフルネームで作る方法、ふたつ目は苗字だけで作る方法、そして3つ目としては下の名前だけで作る方法です。
まだ結婚していない女性が、実印を作成する場合、無難なのは3つ目の下の名前だけの実印を作るパターンです。これなら、結婚後もそのまま使えますし、印鑑証明の登録をやり直す必要もないので便利です。
ここで問題となるのは、印鑑証明に名前だけのはんこを受け付けてくれるのかどうかと言う問題ですね。これはお住まいの市役所に聞いてみないと確実には言えませんが、たいていの市役所の場合、名前だけの印鑑でも印鑑登録が可能で印鑑証明書も発行してくれるところが多いみたいです。
印鑑屋さんのまとめによると、既婚女性の場合は3つのパターンどれでも選べますがフルネームを選ばれる方が多く、未婚女性の場合は、結婚後の苗字変更に備えて名前だけの実印を作られる方が多いようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ