世界でたったひとつの印鑑

結婚前のプレゼントとして父から印鑑を買ってもらいました。
私は国際結婚で苗字が変わらないので、苗字で作ってもらいました。
妹は苗字が変わるかもしれないし、変わらないかもしれないということで、名前で印鑑を作りました。
もし作り直したかったら、先を少し切って彫りなおせばいいと言われました。
かれこれ20年前のことですが、人生の節目節目で印鑑は登場します。
手彫りの印鑑、父から贈られた印鑑、世界に1個しかない印鑑は私にとっても妹にとっても特別なもので大事にしています。
自分の子どもにも時期が来たら、印鑑を作ってあげたいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ